色による野菜のしおれ計測

本研究では野菜がしおれる時の色の変化,及び水分量に着目して実験を行った.
今回は小松菜を試料とし,低湿度及び高湿度の暗室内でそれぞれ4日間小松菜を撮影した.撮影した画像はImageJを用いて解析した.
その結果,高湿度下では葉の水分量を維持しながら黄色くなった.
一方で,低湿度下では葉は急速にしおれ,
クロロフィルが分解されず緑色のままである事が分かった.
したがって小松菜の色の変化には
湿度が大きく関係している事が分かった.

まーちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です