プロジェクションマッピングを用いた擬態化

プロジェクションマッピングを用いて背景に擬態化するには消したい物
の表面の凹凸の情報を得る必要があり,それを行うためには
プログラミングが必要である.
本研究はプロジェクションマッピングを行うために必要なプログラミング
の構築のために凹凸を検出できる赤外線カメラを搭載したセンサーを
使い実験をした.結果,凹凸の情報を得る方法を確立し,
プログラミングの構成を考えた.

まーちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です