想像タスクのによって確実機械を操作するため基礎研究

脳波を用いた機械の操作に利用されることのある事象関連脱同期の発生を, 想像による脳への負荷のみで起こすための条件を調べた.
これを見つけることにより, 何かを想像するだけで
BCI(Brain Computer Interface)による機械の操作に役立つと考える.
関わる要因などを検討し, 複数のタスクについて測定を繰り返すことで,
それが実際に事象関連脱同期の発生に関わっているかを実験結果から考察した. 結果としてはタスク自体のイメージがしやすいが,
想像するのが難しい, 実際に行う際に高い集中力が必要, といった
タスクが有用そうである
.

まーちゃん

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です