表面構造パターンと表面流れ

【研究内容】

本実験では表面構造パターンが壁面近傍の流れに与える影響を調べた。そこで本実験では表面構造パターンを小さな突起物を格子状、及び市松模様状にアクリル板に接着したものを作成した。作成したモデルを回流水槽に入れ、水素気泡法で表面構造パターンによる流れの違いを観察した。
ホームページ用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です